Ubuntu倶楽部の取組み
Ubuntuのロゴ
    NPO法人シニアSOHO小金井 Ubuntu倶楽部
以下の取組みによりUbuntuの普及に取り組んでいます。
例会  毎週火曜日14-16時、場所:コミュニティサロンはけ(当所)
   会費:毎回500円
   会員制(原則シニアSOHO小金井会員限定ですが、事情によっては会員外の方もOK)
パソコンセミナー
2007年から毎年数回開催しています。毎回、近隣県など遠方からの参加者を含め20ー50名の参加があり、Ubuntuを始めています。
詳細はこちら
Ubuntuと無料アプリのパソコン教室
無料OS、UbuntuとUbuntuで使う無料アプリのユニークなパソコン教室です。
Ubuntuの意味:「他者への思いやり」、「皆があっての私」
南アフリカのズ-ルー語などの言語に由来し、アパルトヘイト撤廃後の南アフリカの創設規範 となっています
何故Ubuntuを勧めるか
1.オープンソースであることの意義
 科学技術発展の原動力は「公開」にあります。成果を学会、学術誌、特許などで公開し、世界中の関係者がそれらを共有し、さらに発展させてきました。「公開」なくして科学技術の発展はありえません。コンピュータ分野ではLinuxが公開することの優位性を示した代表例です。Linux OSであるUbuntuもすべてを公開して開発され,オープンソースの優位性が発揮されています。
 オープンソースのuntuとすべて非公開のWindowsの比較を以下に示しました。
Ubuntu Windows
ソースコード 公開
Open Souce Software
非公開
Proprietary Software
ライセンス 無償 有償
改変・改良 自由 原則不可
複製・再配布 自由 不可
開発 公開で共同開発 企業内で秘密裏に開発
目的 共有、共存共栄 企業の利益独占
2.Ubuntuを使うことの意義 ーパソコンは壊れるまで使うー
 日本のパソコン分野は、Windowsの寡占(ベンダーロックイン)状態にあり、 選択肢のないWindowsユーザーは、宣伝広告に乗せられてバージョンアップに伴ってパソコンの買い替えを余儀なくされています。2014年のWindowsXPのサポート終了によって1千万台にのぼるパソコンがパソコンが廃棄されたということです。環境破壊、資源枯渇が進む地球の環境を守ることは、これからの最重要課題です。今や大量生産、大量廃棄の時代ではありません。ものを大事に扱い、壊れるまで使うのがこれからの基本です。まだ使えるパソコンを廃棄するのはこうした流れに逆行しています。
 OSをUbuntuに替えれば、パソコンは壊れるまで使えます。今お使いのパソコンで最新バージョンのUbuntuが使えます。Ubuntuは、毎年4月と10月にバージョンアップされ、ワンクリックで更新できます。無償です。古いパソコンでUbuntuがインストールできない場合でも、Ubuntuを軽量化したOSであるLubuntuやXubuntuをインストールして使い続けられます。
 Ubuntuに替えることにより、バージョンアップと新機種購入の費用が節約できます。特に沢山のパソコンを持つ所では大幅な経費削減になります。
3.Ubuntuの登場とオープンな開発
コンピュータの基本ソフト(OS)のLinuxは、スーパーコンピュータやサーバー分野を席巻していたものの、パソコン分野では素人には使い方が難しく殆ど使われていませんでした。
 M.Shuttleworthは、パソコン初心者でも簡単に使えるLinux OSを目指して2004年4月 ロンドンにLinuxの開発者を招待し、ブレーンストーミングを重ね、Canonical社(英国、London)を設立してUbuntuの開発が始まりました。
 Ubuntuは、ソースをすべて公開しているオープンソースソフトウエアで、開発はCanonical社を中心に世界中から参加して公開で行われています。
Ubuntuの創始者 Mark Shuttleworth

1973年南アフリカ生まれ
  ケープタウン大学で経営学の学位を取得
  インターネットセキュリティ企業Thawteを設立
1999年 ThawteをVerisignに売却,莫大な資産
2001年 非営利団体Shuttleworth財団を設立
2002年 ソユーズ・国際宇宙ステーション
2004年 Ubuntuプロジェクト開始、Canonical社設立
2013年 Forbesでコンピュータ分野で最も革命を起こした人物に選ばれる
shuttleworth
4.初めてでも使いやすいUbuntu
 下図は、Ubuntuが起動したときの最初の画面です。
Unity画面  
 
Windowsユーザーにお馴染みの「スタート」ボタンがありません。しかし、慌てることはありません、最初の画面からほとんどのことができます。
 アプリの起動は、左側のランチャーと呼ばれる場所にアプリのアイコンが並んでいます。これをクリックするとアプリが起動します。また、右上のクラシックメニューインディケーターのアイコンをクリックして出現するプルダウンメニューのアプリを選択してもアプリは起動します。ここにはパソコンにインストールされているすべてのアプリがカテゴリーに分類されて表示されています。  
 
5.高いセキュリティー
Ubuntuで使うアプリは安全・安心
 4万超の保管場所からワンクリックで保証済ソフトがダンロードされ、インストールまで自動で行われます。
 アプリのインストールと削除は、「Ubuntuソフトウエアセンター」でそれぞれ[インストール]ボタン、[削除]ボタンをクリックするだけで完了します。